ルーパー速報

2chで話題のスレやニュースを紹介します

    2013年08月

    1: フェイスクラッシャー(岡山県) 2013/08/31(土) 10:49:15.84 ID:ZOEkAreH0 BE:3139009294-PLT(12001) ポイント特典

    【実写版 「僕は友達が少ない」 主人公たちの画像キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! これは酷いwwwwww】の続きを読む

    1: yomiφ ★ 2013/08/31(土) 02:19:24.92 ID:???
    no title


    一見すると上下2画面に分かれているように思える任天堂の新型携帯ゲーム機2DSですが、
    本当は1画面のみの構造になっていたことが明らかになり、話題をよんでいます。

    これは、海外サイト「US GAMER」が米国任天堂の販売・マーケティング副社長
    Scott Moffitt氏におこなったインタビュー記事によるものです。

    該当記事によると、Moffitt氏は2DSの構造について、実は一枚の大きなスクリーンの
    不必要な部分をカバーで覆って2画面のように見せかけているだけであり、
    必要によっては2画面ともがタッチスクリーンとして使える可能性があると回答しています。

    ただ、上画面はさらにプラスチックの層がかぶさっているため、結局のところは3DSと同じく、
    下画面のみのタッチスクリーンになっているようです。

    氏は、生産コストを下げるための対策の一環としてこうした構造を採用したと説明していますが、
    将来的な製品になんらかの影響を与えることになるのでしょうか。

    http://www.inside-games.jp/article/2013/08/30/69938.html

    関連スレ
    【海外】3Dと折りたたみを削除した低価格版「ニンテンドー2DS」 10月発売 Wii U値下げも発表
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1377704627/

    【【ゲーム】ニンテンドー2DSは実は「1画面」だった― 米国任天堂マーケティング副社長が2DSの構造を明かす】の続きを読む

    1: ラダームーンサルト(チベット自治区) 2013/08/30(金) 20:53:47.92 ID:ft356ewm0 BE:1489150297-PLT(12000) ポイント特典
    http://www.j-cast.com/2013/08/30182644.html?p=all

    バカッターで「人生詰んでしまった」若者たち 続々損害賠償請求に踏み切る企業が…
    2013/8/30 19:35

    この夏、「バカッター」騒動が各地で相次いだ。さすがに夏休みが終われば、多少は沈静化するだろう――とはITジャー
    ナリストの井上トシユキさんの見立てだが、騒動を起こした当人たちにとってはむしろこれからが「針のむしろ」。企業か
    らの重いペナルティーが待っている。

    ステーキレストラン「ブロンコビリー」が元従業員に損害賠償を求める方針を示したことが話題を呼んだが、これに限ら
    ず多くの「被害企業」が、「犯人」たちを厳しく追及する姿勢を見せる。

    ステーキ店閉店で多額の損害賠償が…
    no title

    複数の企業が「バカッター」への反撃を検討している(写真はブロンコビリーの発表文)

    東京都のブロンコビリー足立梅島店の18歳従業員が、「バカッター」写真を投稿したのは2013年8月5日だ。キッチンの大
    型冷蔵庫に体を突っ込み、おどけた表情を浮かべた1枚はたちまちツイッター上で炎上、翌6日には店舗の休業、さらに12日
    には閉店が決まり、さらには、
    「不適切な行為を行ったアルバイト従業員に対し、本件に関する損害賠償の請求についても検討しております」
    という発表までもが出た。迅速かつ厳しい対応に一部では「やりすぎ」との声も上がったが、ブロンコビリー側の姿勢は揺
    らがない。担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「現在検討を続けている途中です。やるならば、すべてひっくるめて、
    という話になりますから」。ちなみに「女性セブン」の9月12日号によれば、問題の店員は「怖くて外に出られない」と、家
    に閉じこもっている状態だという。

    【バカッターで「人生詰んでしまった」若者たち 続々損害賠償請求に踏み切る企業が…】の続きを読む

    1: トラースキック(東京都) 2013/08/29(木) 22:18:30.49 ID:mBfpP3YD0 BE:2928217695-PLT(13074) ポイント特典
    ある男子生徒がTwitterに掲載した画像が、しばらく前に一部で話題になった。
    書店で本の上に寝転がり、読書している友人を撮影したものだ。
    (略)
    no title

    このたび、上記の友人と思われる生徒による新たな問題行為が発覚した。
    飲食店で、耳や鼻の穴に箸を突っ込んでいるところを撮影した画像だ。
    店内の風景、中でも椅子のデザインの特徴から、すき家であることが分かる。
    no title

    さらに画像を拡大すると、後方の壁に「Sukiya」という文字も確認できる。
    no title

    また、別の友人が会員になっているキックボクシングのジムを不正に
    利用しているという自慢話もあった。友人がジムの鍵を持っているので、
    一緒に出入りしているそうだ。「俺はただやで」、「俺らはかってに入ってるだけ」という。
    (略)
    ツイートの過去ログを見ると、通学先の学校名が入った画像や、漢字表記の氏名が
    含まれた書き込みが見つかった。通学先とされる第一学院高等学校に連絡を取ったが、
    この件は初耳だったそうだ。そこで事情を説明し、関連情報を伝えた。
    すき家を経営する株式会社ゼンショーにも本件を尋ねたが、やはり全く
    把握していなかった模様だ。情報を提供したところ、これから確認を進めるとのことだった。
    no title


    そのほかの画像一覧 http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2013/08/29_01/gazou.html

    http://www.tanteifile.com/geinou/scoop_2013/08/29_01/

    【【Twitter】すき家で耳や鼻の穴に箸を突っ込むバカが出現、書店では平積みの本の上に寝転がって読書】の続きを読む

    1: オムコシφ ★ 2013/08/30(金) 21:15:06.07 ID:???
    8月29日に発売された、バンダイナムコゲームスのPS3用ソフト『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』(ジョジョASB)。
    雑誌『ファミ通』の評価で40点満点だったということもあり、ジョジョのファンならずとも期待の作品だったと思われるが、『Amazon』でのレビューはあまり芳しいものではないようだ。

    8月30日10時すぎの段階で、186件のカスタマーレビューがついており

    星5つ 19
    星4つ 29
    星3つ 20
    星2つ 34
    星1つ 84

    平均は5つ星のうち 2.3となっている。

    評価のレビューの中でも、ダウンロードコンテンツ(DLC)での課金に関してユーザーの不満が多いように思われる。

    現在1000人以上の方が「参考になった」と投票しているカスタマーズレビューは、「ジョジョASBはスピードワゴンにクールに去るぜ」というもので

    「アニメが放映されたり、超像シリーズとかのフィギュアも発売されたりと最近これまでにないくらい盛り上がってきたジョジョシリーズ。
    その極めつけが本作。
    になるはずだったのだが、ダメでした。
    どれだけ金取りたいんだよと開発を軽蔑せざるをえない。
    ソフトを買えばそれだけで100%遊べるとかどの口がいうのか。
    キャンペーンモードに時間を待たないとできない制限があって、それを解除するためには金を払え、という仕様。

    と手厳しい。その後も、辛口のレビューは続き、最後に追記で

    「DLCが半額になるキャンペーンが行われるが、これは第三部のジョセフに対して露天商が行った『最初に高い値段をふっかけた後、安くすることによって、さも安い値段になったかのように思わせる詐欺行為』に酷似していると思った。 」

    と、原作ファンならではのコメントを残している。

    また、他のレビューやネット掲示板では満点をつけたファミ通の評価に関していろいろな意見が書き込まれたり、
    はたまた「スピードワゴン行き」といった書き込みに賞賛のレスがついていたりした。

    とはいえ、『Amazon』のランキングでは1位で品切れになっているほど。人気は高いようなのだが、果たして。

    no title

    ※画像は『Amazon』のサイトより引用

    http://getnews.jp/archives/408262

    【【ゲーム】「スピードワゴン行き」の声も ファミ通満点評価の『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』Amazonで酷評相次ぐ】の続きを読む

    このページのトップヘ